excite ExciteホームExcite ブログトップサイトマップ

のら猫クロッチと仲間によるニュースです
by krocchi3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
krocchi.exblog.jp ブログトップ | ログイン
<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
グローバルフェスタで仲間の応援をしてきました!
2014年10月4日(土)5日(日)の二日間、日比谷公園で開催されたグローバルフェスタ、クロッチは仲間の応援をしてきました。
http://www.gfjapan2014.jp

f0193056_8555114.jpg


世界33の国・地域で活動をしている公益財団法人オイスカの「子供の森」計画。オイスカのブースでは活動内容の展示やクイズ、似顔絵コーナー、活動地域の人々による手作りのペンケースやコースター、ブックカバーなどの販売がありました。ブースの前に立つクロッチの前には多くのお客様が立ちどまり、いっしょに記念撮影をしたり、クロッチといっしょに似顔絵を描いてもらったり、オイスカのスタッフにいろいろな質問をしたり、ブース内の展示物を真剣に見ていられました。

f0193056_8555759.jpg


猫は、人が住むところ、世界中いたるところにいます。
言葉は通じなくても、猫は共通のおともだち。
みなさん、笑顔でクロッチに抱きついてきます。
多くの外国の子供たちともたくさんの写真を撮りました。

f0193056_8555339.jpg


f0193056_8555547.jpg


f0193056_8555954.jpg



翌日の日曜日は台風のために正午で閉幕となってしまいました。残念!
みなさま、どうもお疲れさまでした!

◉公益財団法人オイスカ「子供の森」計画のfacebookはこちらです!
https://www.facebook.com/oisca.cfp

by krocchi3 | 2014-10-08 08:56 | クロッチ参上!
友だちのことを考える音楽劇「泣いた赤鬼」をつくります
f0193056_840229.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------------
本プロジェクトに関するお問い合わせはこちら >> Opera Sai
特定非営利活動法人 オペラ彩(理事長:和田タカ子)
---------------------------------------------------------------------------------------------------


このプロジェクトについて
「イジメ問題」を子どもたちと一緒に考える、誰もが知っている物語「泣いた赤鬼」の新しい音楽劇をつくります。

はじめまして、オイラはのら猫クロッチです!  誰もが知っている浜田広介の名作「泣いた赤鬼」を題材に、身近な友だちのこと、人への思いやり、やさしさ、勇気、そして行動について考える、セーフコミュニティ音楽劇「泣いた赤鬼」を来年2月15日に埼玉県幸手市、7月1日に山形県新庄市、8月16日に東京都豊島区で上演します。

f0193056_8394317.jpg



「泣いた赤鬼」は、いじめの原因になる他人との壁を乗り越える力がある

音楽劇「泣いた赤鬼」は、ある山に住む心のやさしい赤鬼が、怖がって相手にしてくれない山のふもとの村人たちのために、自らが悪者になって去っていく青鬼の悲しい話……。でも反面、この音楽劇には、自分とは違う他者との壁を乗り越えられるなんか《魔法のような力》があるようにも感じたんだ。

この音楽劇の主催者である「特定非営利活動法人オペラ彩(さい)」の代表である和田タカ子さんは、「この音楽劇のあと、子どもたちの目がとてもキラキラして、やさしい顔になっているの。私はね、この感動を多くの子どもたちにもっと体験してほしいの」と熱くオイラに語ってくれた。そのとき、オイラの胸にも熱いものがこみ上げてきたんだ。自分にもできることがあると……。

f0193056_840455.png



鑑賞だけでは終わらない、セーフコミュニティ音楽劇をつくりたい!

約1時間のこの音楽劇は鑑賞するだけでもスゴいんだけど、オイラはそれに加えて「音楽の力で身近な問題を考えるきっかけ」をつくりたいと思ったんだ。オイラのテーマは「身近な友だち」のこと。音楽劇「泣いた赤鬼」の前後に、オイラの『一人芝居』、そして『〆(しめ)芝居』をする。

f0193056_840742.jpg



〆(しめ)芝居では例えば、舞台に赤鬼、青鬼、登場する村人を集めて、会場のみんなといっしょに「なぜ、赤鬼の家に村人は、寄りつこうとしなかったのだろう?」「青鬼が、赤鬼のために、演技で悪役をしたことをどう思う?」などについて考えるんだ。

f0193056_840813.jpg



子どもたちに「メッセージ」を届けるために、のら猫クロッチは、着ぐるみになって活躍します!
オイラの夢。それは、「人と動物がもっと仲良く暮らせること」


セーフコミュニティ音楽劇「泣いた赤鬼」の上演活動をとおして、他人にやさしい子どもたちや大人たちが増えれば、オイラの仲間「のら猫たち」においしい食事に招いてくれる友だちや、やさしい里親も増えると思うんだ。そしたら本当にうれしいよ。すばらしい作品をつくります。みなさま、応援よろしくお願いします!

f0193056_8401096.jpg




のら猫クロッチ一座を組んで、全国を巡業したい!

オイラは、「オペラ彩」代表の和田タカ子さん、演出家の直井研二さんを中心に、のら猫クロッチ版「泣いた赤鬼」一座の仲間たちとともに、全国どこへでも出張公演していきます。最後に、和田さんと直井さんからいただいたメッセージです。

f0193056_839526.jpg



----------------------------------------------------------------------------------
【詳細】セーフコミュニティ音楽劇「泣いた赤鬼」

  ①泣いた赤鬼   原作:浜田広介
           作曲・台本:松井和彦  
  ②のら猫クロッチ 原作:かりにゃん 
  ③演出:直井研二  
  ④企画・制作:オペラ彩 和田タカ子  共同制作:株式会社ヌールエ
  ⑤出演:赤鬼(テノール) 青鬼(バリトン) 
      木こり(バス)  娘(ソプラノ) 
      百姓(テノール) 女房(メゾ・ソプラノ) 
      ナレーター(ソプラノ) 
      指揮者、ピアニスト
----------------------------------------------------------------------------------


f0193056_84058.jpg



《のら猫クロッチとは?》
クロッチはのら猫です。東京のとある住宅街、ドミネコ通り界隈をネジロにしています。界隈一の目ヂカラと、抜群のすばしっこさが自慢のクロッチは、自然の少ない厳しい環境の中で、今日も一生懸命、生き抜いています。
http://www.krocchi.com

by krocchi3 | 2014-10-08 08:46 | クロッチニュース


カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事